水間健太が考える

上川エリアのミライとミッション


01 子育て・教育

「子ども達の未来」への支援と投資

■安心して子育てが出来る環境の整備

 子育て世帯の経済的な負担軽減施策の拡充、保育人材の確保対策など安心して子育てが出来る環境整備に努めます。また、各自治体によるきめ細かい子育て支援を促進します。

特定不妊治療、不育症治療費の助成拡大により赤ちゃんを望んでいる方を応援します。

 

■子どもの「学びたい!」を叶える教育環境の整備

 発達の遅れや障害のある子ども、より高いレベルでの学びを求める子ども、すべての子どもが地域で学ぶことが出来る環境の整備に取り組みます。

 特別支援高校卒業後の就職支援体制の強化に取り組みます。また、高校等の通学交通費等の助成の拡充を進めます。

 

 

02 農業

「食料安全保障」を担う強い農業の振興

■収益力、生産力向上のための支援

 (産地生産基盤パワーアップ事業等の推進)

 土地改良事業をはじめとする、生産基盤の整備を進め収益力と生産力の向上を図り、国の食料安全保障を担う上川農業を守ります。また、農産物の上川ブランドの形成により高付加価値化に取り組みます。

 

■後継者対策、農業経営安定化のための支援

  後継者や新規就農者への支援の拡充を図るとともに雇用就農促進、農福連携の促進など人材の確保対策に取り組みます。また、スマート農業の導入推進による省力化と高品質生産を推進します。

 

 

03 林業

「未来産業」としての林業振興

■高性能機械の導入推進、優良種苗の安定的確保

 高性能機械の導入を促進し省力化と作業者の安全確保を図ります。また、林業のイメージ向上を図り担い手の確保に取り組みます。

 優良種苗の安定的な供給の確保と計画的な森林の整備を推進します。

 

■道産木材の利活用推進

 道産木材の供給拡大にむけた製材(建築材)の促進と道産建築材の利用促進のための支援を拡充します。

 

 

04 観光

「世界に誇れる」上川ブランドの形成

■上川エリアの農、自然、食の融合による観光コンテンツの創造

 上川地域の魅力であり観光資源である、豊かな自然を活用したアクティビティや良質な農産物からなる食を融合し、健康をキーワードにした高付加価値な観光地づくりを進めます。また上川地域の交通拠点と観光地を結ぶ二次交通網の確立に取り組みます。

 

■地域ポテンシャル(景観、アクティビティなど)の発見と顕在化

 地元住民目線と「よそ者」目線で新たな魅力の発見と顕在化を推進するため、ワーケーションの推進等による関係人口の拡大とデジタル人材の確保、育成、受入環境の整備に努めます。

 

 

05 生活

「快適生活基盤」を支える社会資本整備の推進

■インフラの整備促進(高規格道路の早期延伸等)

 安心で快適な生活のため、高規格道路の早期延伸や除排雪体制の維持などインフラの整備促進を図ります。

 

■公民連携の推進(PFI、PPPの推進)

 公民連携による公共サービスの提供の推進を図り、質の高いサービスの向上と地域経済の活性化を図ります。

 

 

06 医療福祉

「健幸な地域」づくりに向けた医療福祉の充実

■地域医療の充実に向けた広域連携の強化

 地方における医師確保対策と広域連携の強化により安心できる医療体制の維持に努めます。

 

■予防医療、健康増進の取り組みの推進

 国民健康保険の保険者努力支援制度の周知促進と拡大に向けて取り組むことで、医療費の抑制と健康増進を進めます。

 

 

07 防災減災

「地域強靱化」に向けた防災減災の推進

■災害に強い地域づくりの推進

 災害発生時の避難ルート及び輸送ルートの明確化と周知を図ります。また、北海道強靱化計画の事業推進を図り、強靱な地域づくりを推進します。

 

■上川管内自衛隊の体制維持と連携強化

 災害時に大きな役割を担う上川管内自衛隊の体制維持と連携の強化を図ります。